Topmost Webmail

企業間での情報伝達ツール|ウェブメールの活用方法をリサーチ

企業でも活用されている

サービス内容も充実

メール

メールが企業内や顧客とのコミュニケーションツールとして、利用されてきていましたが、それはクライアントサーバ方式のシステムが多かったのです。
そのような中で、一般消費者が使うメールとしてウェブメールが広まってきており、この利便性の高さに、企業が注目をしています。
企業がウェブメールを利用する目的としては、まず最初に、その運用コストの安価になっている点を挙げることができます。
クライアントサーバ方式のメールシステムの場合、システムの構築費用のほかに、クライアント側の設定費用や保守運用費などの初期・ランニングコストがかかります。
これらの費用は、従業員が多くなってくるにつれて爆発的に大きくなってきており、そのコスト負担が大きな問題になってきたのです。
ウェブメールシステムは設定費用が必要なものの、構築費用はもちろん、ランニング費用も安価にすることができるのが魅力となっています。
またウェブメールシステムは、ディザスタリカバリへの対応も簡単にできますし、24時間365日の運用にも対応しているのです。
こうした特徴は、現在社会のビジネス要件として、必須のものになってきているので、企業として容易に対応できるウェブメールシステムが選ばれているのです。
有料であればセキュリティ面も安全となっていることがほとんどなので、企業間で問題なく使っていけます。
このサービスを展開している業者は多数いるので、サービス内容の充実性や価格などを比較した上で契約を行なっていきましょう。

社外でも使える便利ツール

メール

メールシステムは、企業でのコミュニケーションツールとして一般的になってきましたが、ウェブメールシステムというものが登場してきています。
元々は個人向けという形だったのですが、利便性の高さから企業でも注目され、導入している企業も着実に増えてきています。
ウェブメールは、名前の通りウェブブラウザを通じて、メールシステムにアクセスして、メールの送受信を行うものになります。
ウェブブラウザという一般的なアプリケーションを利用するために、クライアント側に専用ソフトをインストールしなくてよいという特徴があります。
これは利用する側のシステムは、特に問わないことを意味し、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットでもメールができることを示します。
特に最近では働き方改革などにより、自社以外でも仕事ができるような環境が整えられてきていますので、この特徴のおかげで、どのような環境でも対応できるようになるのです。
またウェブメールは、大抵サービスを提供する側がバックアップなどの運用も行っているので、利用する側の負担が減るということもあります。
システムの運用コストは、企業にとって負担になってきていたので、負担を低減させることができるのです。
もちろん定期メンテナンスもサービスを提供する側が実施するので、メンテ用の人員確保などを利用する企業側が準備することはありません。
ウェブメールシステムは、これらの基本的な機能により企業にとってもメリットが出てきているので、導入が進んでいます。

サービスを比較

メール

最近の企業では、コミュニケーションツールとして大事なポジションになっている、メールシステムをウェブメールに移行するケースが増えてきています。
最初に、ウェブブラウザがあればどこからでも、どのような端末からでもアクセスできますが、通信経路には必ずセキュリティを担保することです。
これは情報漏えいを防止する観点でも、必須の項目になっていますが、それに対応するために、VPNなどの仕組みを入れるケースが多いのです。
次にメールボックスがサービスを提供する側に、保存されることになりますので、メールボックスのサイズが重要になってきます。
ウェブメールの仕組みでは、そんなに大きな容量を確保されていませんので、必要なメールはPC側に保存するなどの対策が必要になります。
これはメールを削除したら、それを復活させることができなくなることも、合わせて意味することになりますので、注意して運用したいものです。
つぎにメールに添付するファイルサイズですが、ウェブメールの仕組み上、小さなサイズのものしか添付できないケースもあります。
こういった場合には、ファイル交換サービスなどの安全で大容量のファイルをやり取りできる、サービスと併用すると良いのです。
このようにウェブメールはその仕組み上、注意すべき点がありますが、それ以上にメリットがありますので、企業ユーザが利用し始めているのです。
ウェブメールを導入する前には、サービス内容や容量などを比較してから決めましょう。